二重整形・埋没法・目元の若返りは大阪梅田のKunoクリニック

二重まぶた・二重手術・目の整形・目元の若返り・大阪・梅田・美容整形・Kunoクリニック


二重瞼形成に全切開は必要ない
新挙筋法 若返り&パッチリ二重
眼瞼下垂の治療
目頭切開 自然で傷跡がわからない
目尻切開 自由なオリジナルデザイン
二重手術で失敗しない方法
ご予約からアフターケアまで
Kunoクリニック九野院長紹介
無料カウンセリング予約
無料メール相談

症例ページ一覧
瞼の形成術
目元の若返り
スペシャルメニュー
その他 メニュー
*
当院が全切開を勧めない理由
切開ストップ 当院が全切開法を勧めない一番の理由は、何よりその人の瞼に一生残る傷が 大きく残ってしまい、後で修正が非常に困難だからです。名医がどんなに上 手く切開したとしても、傷が治る過程で開いたり引き攣れを起こすとライン が凸凹になることもあります。本来、二重ラインは瞼の折り畳み線ですので、傷それ自体がそもそも不自然なのです。傷は治癒の経過によってはコブになったり引き攣れが生じて修正困難な状況になることも多く、また切開や切除を繰り返すと開閉眼障害という不可逆的な障害を残すこともしばしばございます。その人にとっては一生の問題ですがラインの永続性だけを理由に高額な全切開手術を勧める医院もあります。本来全切開は埋没法が不可能なほど高度なタルミがある場合や真性眼瞼下垂、他の方法でも不可能な例などに限定して適応を考えるべき手法だと当院は考えます。

*
自然で美しく仕上がり、ラインが最も取れにくい当院の安心技術
安心の整形技術 当院では、埋没法(瞼板法・挙筋法)傷跡が殆ど分からなく修正が充分可 能なマイクロ切開・目頭目尻切開など全切開をしなくても済む技術が格段に 進歩したため、開院以来、上記適応以外で全切開に至った症例は全くござい ません。むしろ埋没法の工夫や全切開以外の方法の組合せでも、自然で美し く取れないラインをつくる技術の余地が十分にあります。万一ラインが取れ た場合でもすぐに全切開の適応にはならず、当院では更に工夫した埋没法で カバーできることを過去の実績で数多く示して参りました。

*
当院での術後ライン喪失率は、わずか10%以下
ライン持続率 二重瞼の手術を受けられた後にラインが喪失する要因は、いくつかあります。例えば、よく泣く・瞼をこすることが多い・花粉症である・コンタクトレンズをしている・目がむくみやすい体質である等です。しかし、それらの要因を踏まえても当院で二重手術を受けられた方のライン喪失率は、わずか10%以下という結果がでました。これは、現在の美容医療業界の中でも、トップレベルの成績です。殆んどの場合、3針6点固定や全切開は不要だという事が判りました。


他院で全切開を勧められた方こそ、当院にまずご相談下さい。
九野院長 二重手術の技術は日々進歩しています。それに伴い新しい医療技術を学び、より安全でリスクが低く、効果のある手技を取り入れる努力をしている医師もいれば、従来法を施術し続ける医師など、一言で医師といっても技術レベルは本当に様々です。従って、他院での二重手術後に1度や2度ラインが取れたくらいで、安易に全切開をしないで下さい。全切開一生傷が残る上に、眼を閉じた際に不自然なラインが見えるといった大きなリスクを伴う手術です。他院で全切開法を勧められた方こそ、当院にまずご相談下さい。全切開に代わる方法ご提案させて頂きます。
Kunoクリニック 九野広夫 院長

パッチリ二重の新挙筋法

*
ご希望・タイプに合わせた基本デザイン一覧
あなた専用のオーダーメイドデザイン
目元の形・希望される改善ポイントは、人によって様々です。当院では、カウンセリングの際にじっくりご 本人様のご希望を伺い、ご希望を最大限に反映しつつ、ここにある12タイプの基本デザインにアレンジを 加えた最適の改善デザインを九野院長がご提案させて頂きます。手術前のデザインの際には、ご本人様に鏡 でご自分の顔をご覧頂きながら、実際にご本人様の瞼で術後のラインを何度もシミュレーション致します。 この作業は、ご本人様が「この瞼になりたい!」とご納得頂けるラインが見つかるまで続けさせて頂きます。その後、ご本人様専用オーダーメイドデザインを施し、ご希望の二重ラインを立体的に形成致します。

当院では元々の目のタイプと目的別で24通りに分類し、以下、瞼板法か挙筋法かで2通り、ラインの大まかなデザイン別で12通り、埋没専用糸の固定点の数で6通り、挿入&固定方法別で10通り以上、使用する埋没糸は3種類あり、およそその理論値は24×2×12×6×10×3>10万通りありますが、中には欠点がある従来法も含まれるので、それらを除くと実際に用いる方法は選りすぐりの400〜500通りぐらいとなっており、それでもあらゆるタイプに対応できております。

※デザインについて:実際にはオーダーメイドデザインなので中間型など様々なデザインで施します。

各種オーダーメイドデザイン

適応一覧表
まぶたの適応一覧表

24種類 元々の瞼のタイプ別分類
1 10代半端の成長期の瞼
2 通常の一重瞼
3 脂肪が多く腫れぼったい瞼
4 逆睫毛(さかまつげ)を伴う瞼
5 モウコヒダが被っている瞼で平行型が容易にできる瞼
6 モウコヒダが被っている瞼で平行型が容易にできない(よじれを生じる)瞼
7 アイプチやアトピー等の慢性炎症による発赤・乾燥・肥厚化を伴う瞼
8 アイプチなどによる多重ラインの瞼
9 通常の二重瞼
10 タルミが強く脂肪過多の瞼
11 タルミが強い一重瞼
12 タルミが強い二重瞼
13 タルミが強い多重ラインの瞼
14 皮膚が薄い瞼
15 皮膚が肥厚化している瞼
16 (何度も)埋没法をしたことがありラインが取れやすい瞼
17 真性眼瞼下垂(眼瞼下垂の原因が神経や筋由来のもの)
18 仮性眼瞼下垂(眼瞼下垂の原因が脂肪や皮膚のタルミ由来のもの)
19 陥凹が強い一重瞼
20 陥凹が強い二重瞼
21 陥凹が強い多重ラインの瞼
22 陥凹とタルミが強い一重瞼
23 陥凹とタルミが強い二重瞼
24 陥凹とタルミが強い多重ラインの瞼

*

全切開や3針6点固定は不要!挙筋を痛めずパッチリ二重を実現する新挙筋法。1〜2本の
糸でまぶたの開眼度まで立体的にイメージしてご本人様の理想に合せる究極の職人技です。
当院のデカ目形成術はオリジナル『新挙筋法』と他のMENUの組み合せで目を大きくすると
同時にグラマラスな目尻形成・吊り目の改善・若返り・眼瞼下垂治療なども可能です。
左右で形の違う目元は、メスを用いない埋没法、新挙筋法や術後の傷跡が目立ちにくい
当院オリジナルの目頭切開・目尻切開などの組合せで改善することが可能です。